上海のティールーム

上海万博の始まる前、あるカード会社の情報誌に掲載された上海特集の記事の一つに目が釘付けになりました。

パッと目を引くスカイブルーのお茶缶や食器のあるティールーム。上海にもこんなおしゃれな所があるのね~と、香港の記事以外はめったに切り取らないのですが、その記事は大事にしまっておきました。万博の始まる頃、結婚式に出席のため上海に行くことになった主人に切り抜きを渡して、ここで何か買ってきてネ!と、頼みました。ところが、面倒だったらしくちょうど開会式にあたり、街中交通規制があって、なかなか行けなかったとの事で何も買わずに帰国してきました・・・(涙)


画像




そして今回、降ってわいた上海行きに、絶対行きたい!と、心に決めていた所がこのティールームです。
名前は「宋芳茶館」。メニューの表紙も綺麗なスカイブルー。



画像



こちらのお店のオーナーはフランス人。1階はお茶や茶器、お茶グッズなどの売り場でティールームは2階にあります。あちこちに古いビスケット缶も飾ってあり、よく見ると一つの絵は私たちが宿泊していたホテルの建物でした。カウンターの後ろにトレードマークのブルーのお茶缶が並び、ガラスのコンポートには、美味しそうなケーキがありました。




画像



お勧めは中国の紅茶とのことで、雲南紅茶と四川紅茶を頼みました。そして、お茶葉の入ったフィナンシェと洋ナシのケーキも。ケーキは軽く温めてくださり、生地の部分がふんわり・しっとりとして、とっても美味しくいただきました。天井には色々な形の鳥籠がぶら下がっていてシノワな雰囲気も。

ちょうどお隣に座っていた女の子が日本語で話しかけてくれて、以前日本に住んでいて、今は上海に住んでいると言っていました。その後、彼女のお友達が来て(東洋人)、二人はフランス語で話し始めました。女の子はフランス人だったのでした。


画像



こちらは以前、フランスの租界だったエリアにあり、古い建物をそのまま利用しています。周りはどっぷり上海の下町なのですが、一歩店内に入るとフランスと中国のミックスされたおしゃれな空間となっているのです。時間があったらフランス租界のエリアを歩いてみたかった・・・


画像



古い建物を利用したもう一つのティールームが偶然、ホテルの近くにあったので一人でお散歩がてら行ってみました。 こちらの建物も以前はイギリスの紅茶などを扱う商社だったそうで、歴史ある建物です。


画像



名前はThe Bund Tea Company」。この写真のようなお茶缶がずらりと並び、奥にティールームがあります。日本語を話す店員さんがいて、こちらの商品は一部、三越銀座店にて販売しています・・と、言っていました。缶のデザインはティ―クリッパー。余談ですが、ティ―クリッパーの一つ、カティ―サーク号はロンドンのグリニッジに展示され、一般公開されていました。以前、私も見学することができ、スピードを出すために船内は狭く、住環境が悪かったことなど知りました。船首には魔女が馬の尻尾をつかんだ姿で身を乗り出しています。魔女の恰好がシュミーズ姿で(古い言い方ですね)そのシュミーズの事をカティーサークと言うことをガイドさんから聞きました。



画像




香港と同じく、上海の一部もイギリスの租借地となっていたという歴史ある場所に触れて、感慨深く思った旅でもありました。

一番上のティーコジ―は宋芳茶館で、ポットはドイツ人の女性がオーナーのホテル内のショップで買いました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

peu
2011年08月08日 08:59
お店のHPのぞいてきました
日本語なので助かりました^^;
上海はツアーでしか行ったことがないので、いつかゆっくり訪ねてみたい場所です!
と言いつつ「やっぱ香港だよなぁ」と香港ばかりなのですが(笑)
2011年08月09日 10:24
peuさん、こんにちは!
日本語のHPがあるという事は日本人ご用達のお店でしょうか。
確かに上海まで行くのなら、もうひと飛びして香港ですね。
空港でキャセイを見てウルウルしました^^
chakomonkey
2011年08月10日 00:18
太太さん、こんばんは。
素敵なシノワズリーのティールームですね!
上海はまだ香港に赴任になる前に1度行きましたが
フランス租界のエリアとても素敵で楽しかった
印象がありますが、それ以来残念ながら行っていません。
The Bund Tea Companyのお紅茶の缶も素敵ですね!
実は私、シルバーの同じポットを持っています
私はアメリカのインテリアショップで買ったのですが
きっと全く同じだと思います!
(「おさる食堂」の方に奇華の月餅と一緒に写真を載せています)
2011年08月10日 10:14
上海に素敵なティールームがあるのですね♪
行ってみたくなりました。
ゆったり時が流れている感じがいいですね~♡
美桜子
2011年08月10日 14:17
実は私、上海はもう二度といかなくていい、とさえ思っていました。
でも、この変わりように、心が動いています。
2011年08月10日 20:22
chakomonkeyさん、こんにちは!
「おさる食堂」拝見しましたら、本当に同じ物ですね。
ビックリです。さすが、センスの良いchakomonkeyさんの使い方、
真似しなくては。。。^^
そういえば、ポール・フランクのショップがあって、chakomonkeyさんを
思い出していたのですよ~
2011年08月10日 20:31
磯部優子 さん、こんばんは!
上海にはお茶館以外におしゃれなティールームがあって
まだまだ、行きたいエリアがありました。お茶の好きな方には
きっと楽しい場所だと思います。マンダリンも自由自在な優子さん、
是非お勧めいたします^^
2011年08月10日 20:33
美桜子さん、こんばんは!
又行きたい所が増えましたね^^
私も今回行って、印象が変わりました。
心残りの場所がたくさん残っています。
こえだ
2011年08月13日 16:31
なんともツボをおさえてくれる、私たち(失礼ですが)の感性にピッタリはまってしまう、素敵な茶館ですね。
インテリア・小物の扱いなど、なんともかんとも。。。
訪れてみたいなあ…と強く思いました。
こういう情報に出会い、記憶されておいて、ちゃんと実際に行って来られる太太さんの素晴らしいところ…ホントに見習いたいです。
上海への憧れをまた一つご紹介してくださって、ありがとうございます。
2011年08月14日 17:39
こえださん、こんにちは!
上海は近いです。是非ともご夫婦で~
ヨーロッパの人たちから見たアジアテイストのインテリアや雑貨
を見るとその感性にはっとさせられますね。おしゃれなフランス人の
センス、見習いたいです。
このお茶缶のブルーは、珍しく私の記憶にしっかりとインプットされました。
モンちゃん
2011年08月18日 13:05
このティールームは、テレビでやっていて素敵だなーと思っていました。ティーコジーとポットも素敵ですね。こちらのお茶は、以前お茶の教室で飲みましたし、工芸茶を1つ頂きました。袋だけは取ってあります。銀座の三越で一部売っているのですか?機会があったら、のぞいてみたいです。上海の素敵なティールームを御紹介頂きまして、ありがとうございました。
2011年08月19日 10:06
モンちゃんさん、こんにちは!
ここ、テレビ放送していたのですか?
見たかった・・・きっと、香港ではないので見なかったのね^^;
小さな袋入りもセットでありました。可愛いですね。
バンド・カンパニーのお茶は三越で売っていると店員さんが言ってましたが、
サイトを見ると、期間限定だったようです。又、売りだすかもですが・・・
日本で買うと、とっても高くなりますよ・・って、言ってました。
ブラボー
2011年08月23日 01:01
素敵なお茶館!後でゆっくりもう一度読んでコメントしよう。って
思ってたら 今日になってしまいました(汗)
大好きなブルーに惹かれます。
ほんと素敵な雰囲気のティールームだし、お皿も全部素敵です。
上海なかなか行くことはないだろうけど ここは行ってみたいと思いました。
2011年08月24日 20:08
ブラボーさん、こんばんは!
ブラボーさんはブルーがお好きでしたね。
このような大胆な色使いは日本ではなかなか見られませんね。
上海近いので、是非一度お尋ねください^^

この記事へのトラックバック