太太の香港☆宝箱

アクセスカウンタ

zoom RSS アネモネ探偵団

<<   作成日時 : 2010/07/09 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

本の紹介が続きますが・・・

今回の本は、私にピッタリの本です。


画像


近藤 史恵著  「アネモネ探偵団」 香港式ミルクティーの謎 メディアファクトリー 2010年

そのわけは・・・文字が大きめ、内容がシンプルで、物語がす〜っと頭に入る、そして、舞台が香港^^ 
なるほど、これは児童向けミステリーだそうです。納得!香港の部分を読みながら、場所を想像したりして楽しめます。

一つ、分からなかったのが、地図にも載っているエッグロールのお店。香港島の北角にあるのは「徳成號」、九龍にある所は何ていうお店でしょう?


画像


著者の近藤史恵さんもかなり香港通では・・・と、思います。
香港式ミルクティーの謎とは…本を読んでのお楽しみ^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
香港が好き
もちろん香港映画も好きだし、買い物もはずせません。 ...続きを見る
末広享子のブログ
2010/07/16 09:56
「アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎」近藤史恵
大人気ミステリ作家・近藤史恵が手がける、初の児童書!。お嬢様中学生+普通の男子中学生が活躍する、ドキドキ☆わくわく♪の探偵ものがたり。お嬢様中学校の実生女学院に通う智秋・巴・あけびの三人。女優の母... ...続きを見る
粋な提案
2011/01/22 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
本屋さんが大好きな私でも、あまり行かないコーナーの一つが児童文学。
特に漫画みたいなイラストの表紙とくれば、完全スルーです。
なので、太太さんに教えていただかなければ、一生御縁がなかったでしょう。
食わず嫌いはいけませんね。香港が舞台とあれば、ぜひ読んでみます。

美桜子
2010/07/09 20:05
九龍サイドのエッグロール屋さん、私もわかりません・・・・
どこだろう〜???
この本よく見つけられましたね。
どんな内容か気になります。
何か事件とミルクティと関係あるのかな?
ブラボー
2010/07/09 23:33
美桜子さん、こんにちは!
この本、アマゾンのサイトで発見しました。
手に取って中を確認できなかったのでちょっと不安でしたが・・・
児童書なので、私向きかな〜と(笑)
本屋さんで中を確認してみてくださいね!
太太
2010/07/10 11:20
ブラボーさん、こんにちは!
また、宿題が増えましたね^^
内容は単純なので、ミステリーファンには物足りないかも。
児童書ですからね^^;
ストーリーよりエッグロールのお店を探すほうが難しいかも・・・
太太
2010/07/10 11:25
私的港式奶茶の謎と言えば、
「卵の殻を入れると本当に美味くなって
 いるのか否か?」
殻の有無を飲み比べた事もなければ
その違いが分かるほど奶茶に詳しい訳でも
ありませんので、この殻の話には今一つ
信憑性が感じられないままでおります。

香港関係の本に関しての太太さんの守備範囲は
本当に広いですね〜。買いそびれてしまった
読みたい本があればとりあえず、太太さんの
書庫へお問い合わせをすると、かなりの確率で
「あるわよ〜」って言って貰えそうですね。
mui-mui
2010/07/10 14:10
はじめまして。
近藤史恵さんって、あの『サクリファイス』を書いた方かな?
ついこないだそれを読んだばかりで感動したところだったんですが、
香港が舞台の小説も発表していたんですね〜。
太太さんのおかげです。早速本屋さんで探してみます。

で、お探しのエッグロール屋さんは、
位置からして土瓜湾(九龍城寄りの方)の『垣記』だと思いますよ。
ワタシもまだ行ったことはないんですが(^^;)
さと
2010/07/10 14:25
mui-muiさん、こんばんは!
奶茶に卵の殻のお話…初めて知りました。
さすがmui-muiさん、食についてはお詳しいです!
でも、この本の中ではもっと単純なことなのですよ^^
本のお問い合わせについてはいつでもお受けいたしますが、
きちんと整理していないので即答は無理でしてよ^^;
太太
2010/07/10 23:24
さとさん、初めまして!
そうです、調べましたら、同じ方ですね。
ミステリー作家なのですね、私は全く存じませんでした^^;
そして、エッグロールのお店情報、本当にありがとうございました。
垣記・・・というのですか!お店が分かってスッキリいたしました。
機会がありましたら、是非買ってみたいです。
つたないブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
太太
2010/07/10 23:28
太太さん、おはようございます。
この本、娘にどうかな?って気になっていたのですが
香港の名所?いろんな場所が出てくるのですね?
私も読んでみたいから買う事にします
この間のスケッチの件、どうも有り難うございました!
連絡したところ、レッスンして頂けそうです。
決まりましたら、またご連絡しますね
chakomonkey
2010/07/11 10:41
chakomonkeyさん、こんにちは!
そうですね〜写真の地図に載っている場所が出てきます。
住んでいらっしゃる方が読むと、どうなのでしょうね?
あらっ?て言うところがあるかも・・・?
スケッチレッスン楽しみですね。また、ブログで拝見できるでしょうか?
レポートよろしくお願いいたしますね。
太太
2010/07/11 17:57
はじめまして。
ガイドブックを読むのはまだ難しいうちの娘にいいのでは?と
早速注文しました。
いままでは私が引っぱりまわすだけでしたが、この本を読んで、
娘がもっと香港に興味を持ってくれればいいなと期待しています。

横ですが・・・
奶茶に卵の殻の話、アンディ・ラウさんのご実家が茶餐廳で、
おいしい奶茶のコツとして、アンディさんが卵の殻の話をしていたような
気がします。
曖昧な記憶なので、他の明星さんかもしれないのですけど・・・。
キマクママ
2010/07/11 23:59
キマクママさん、こんにちは!
そして、初めまして!コメントありがとうございます。
お嬢さんと香港に行かれているのですね。将来が楽しみですね^^。
私は娘がいないのでどんな本が適当かわかりませんが・・・
ぜひ、お二人で読んでみてください。
それから、アンディ・ラウさんのお話もとても興味深いです。
奶茶に殻・・・灰汁が取れるのでしょうか?
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
太太
2010/07/12 13:48
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色
2011/01/22 00:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
アネモネ探偵団 太太の香港☆宝箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる